読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takumi296's diary

技術士・匠習作の考へるヒント

月の引力と地震の関係

自然災害

4月10日は、書くべき事故災害が見つからないため、今回は月の引力と地震の関係。

海水の満ち引きの原因は、月の引力によるものである。厳密に言えば、気圧や風が原因となる気象潮もあり、その相乗効果による高潮は災害のもたらすことも多い。しかし、約12時間50分の周期で海水が干満現象をおこすのは月の引力が原因である。

その月の引力は、地面も動かしている。イメージとしては、月の引力で地球全体が揉まれているように考えると良いかもしれない、揉むのは押す力だが、引く力だけで揉んでいると考えるのだ。その時海水は、柔らかいから、より大きく動き、地面は固いから少なく動く。海水の干満差は、日本では2メートル程度、世界一と言われるカナダの東海岸辺りでは15メートルにもなる。地面の場合は、場所により数センチから十数センチ程度である。

私達は、普段気にしていないが、月の引力で大地は上下している。この力が地震を引き起こすことがある。世界中で発生している地震の5%程度は、月の引力が原因となっていることが統計的に判明している。5%が多いか少ないかは、意見が分かれるとこだが、私は、現段階で5%なら、続けて詳しく調査した方が良いと思う。勿論、いくら月の引力で引っ張られても、プレート部分や活断層(あまり良い言葉ではない)部分に歪みが生じていなければ地震は発生しない。月の引力は、あくまでも引き金である。ただ、この研究、調査は比較的最近になって始まっているから、今後、もう少し因果関係が判明してくるかもしれない。