takumi296's diary

技術士・匠習作の考へるヒント

お久しぶりです

はてなに投稿しなくなってから、3年近いと思います。

 

本業の方のホームページが2つあって、そちらで記事を書いています。

数件、お問い合わせがありましたので、そちらのブログをご紹介します。

 

まず、私のメイン業務、技術士試験対策講座です。

こちらも、昨年11月に新たなドメインでリニューアルしました。

今のところ、3~4日に1回程度ブログを更新しています。

 

gijutsushi-goukaku.co.jp

 

もう一つは、医療機器関連のコンサルティング用ホームページです。

こちらは、月に3回程度の更新です。

 

 

yakuji119.com

 

ただ、どちらも専門的な事を書いています。

ご興味があるかたは、ご覧ください。

本当は、こちらでも記事を書きたいのですが、今はちょっと無理かも……

 

あと、時間を見つけては小説も書いています。

Web上の小説ではなく、大手出版社の新人賞に応募しています。

これまでに、4作応募しましたが、二次予選突破までしか行ってません。

こちらも、続けます。

 

埼玉頑張れ

翔んで埼玉が話題です。

www.tondesaitama.com

私も今年で埼玉県民30年です。

26歳から住んでいます。

 

その埼玉ですが、以下の図をご覧下さい。

日本の都道府県別一人当りのGDPです。

なんと、下から3位です。

ドル換算で、他国の平均とも比較しました。

スペインよりも下、もはや先進国並みとは言えません。

それは、なぜか?

答えは次回ここで書きます。

ヒントは、神奈川も千葉も下位にいること。

東京だけがダントツ高いこと。

 

 

f:id:takumi296:20190317065035p:plain

 

あなたは、仕事に満足していますか?

www.hokkoku.co.jp

 

面白いニュースを発見。

最近、毎月2~3回、石川、富山、福井と訪れているので、ときどき北国新聞を見ています。今年は昨年と異なり雪が少なくて皆さん大助かりのようです。

さて、ニュースですが、

 

富大大学院医学薬学研究部(医学)の立瀬剛志助教が、北陸の公務員2088人を対象に仕事と健康状態の関係について1年間の追跡調査を行った結果、抑うつ症状の発症は労働時間より、仕事への満足度が大きく関わっていることが分かった。働き方改革で労働時間短縮に関心が集まる中、立瀬助教は「労働時間が重要なのはもちろんだが、仕事に満足を感じられる職場環境づくりを忘れてはならないとデータで裏付けられた」と指摘している。

 

こんな話です。時間の短縮ばかり話されていますが、実際にはそんなことより重要ななのが、仕事の満足度です。

私は今、独立して自由気ままにやっていますから、120%の満足度。

うつ病の心配は無いと思います。

 

 立瀬助教が2010年5月から1年間調査したところ、「あなたは仕事に満足していますか」との設問に否定的な答えをした人は、肯定的な解答をした人に比べて1年後に抑うつ症状を発症したリスクが1・94倍高かった。

 

 一方で労働時間だけを見ると、9時間と答えた抑うつ症状発症者数を1とした場合、9~11時間1・04、11時間以上0・86で、抑うつ症状発症との間に明確な関係が見られなかった。

 

これも本当だと思います。

時間じゃありません。 

仕事は幸せになるためにやるものです。

絶対に逆ではありません。

 

f:id:takumi296:20190315162948j:plain

 

 

 

近年100年の国内地震:震度5強以上

国内地震活動期のことを言っているのではありません。

それは、むしろ眉唾です。

しかし、震度5強以上の地震は、この100年弱で147回発生しています。

そして、147回の地震のうち134回は1994年からの25年で発生しています。

それは、事実です。

ちなみに、元データは気象庁です。

www.data.jma.go.jp

 

  地震の発生日 時間 震央地名 マグニチュード 最大震度
1 2019年2月 21:22:04 胆振地方中東部 M5.8 6弱
2 2019年1月 10:28.0 熊本県熊本地方 M5.1 6弱
3 2018年9月 07:59.3 胆振地方中東部 M6.7 7
4 2018年6月 58:34.1 大阪府北部 M6.1 6弱
5 2018年5月 13:42.2 長野県北部 M5.2 5強
6 2018年4月 32:30.8 島根県西部 M6.1 5強
7 2017年9月 23:18.1 秋田県内陸南部 M5.2 5強
8 2017年7月 56:35.4 鹿児島湾 M5.3 5強
9 2017年6月 02:15.3 長野県南部 M5.6 5強
10 2017年6月 27:41.4 豊後水道 M5.0 5強
11 2016年12月 38:49.0 茨城県北部 M6.3 6弱
12 2016年10月 07:22.5 鳥取県中部 M6.6 6弱
13 2016年6月 21:28.2 内浦湾 M5.3 6弱
14 2016年4月 09:34.3 大分県中部 M4.5 5強
15 2016年4月 52:13.6 熊本県熊本地方 M5.5 5強
16 2016年4月 41:57.9 熊本県阿蘇地方 M5.8 5強
17 2016年4月 48:32.6 熊本県熊本地方 M5.4 6弱
18 2016年4月 55:53.0 熊本県阿蘇地方 M5.8 6強
19 2016年4月 03:10.7 熊本県阿蘇地方 M5.9 5強
20 2016年4月 45:55.4 熊本県熊本地方 M5.9 6弱
21 2016年4月 25:05.4 熊本県熊本地方 M7.3 7
22 2016年4月 06:21.3 熊本県熊本地方 M5.0 5強
23 2016年4月 03:46.4 熊本県熊本地方 M6.4 6強
24 2016年4月 07:35.2 熊本県熊本地方 M5.8 6弱
25 2016年4月 26:34.4 熊本県熊本地方 M6.5 7
26 2015年7月 52:05.9 大分県南部 M5.7 5強
27 2015年5月 23:02.2 小笠原諸島西方沖 M8.1 5強
28 2015年5月 12:58.4 宮城県 M6.8 5強
29 2015年2月 46:39.3 岩手県 M5.7 5強
30 2015年2月 25:12.4 徳島県南部 M5.1 5強
31 2014年11月 08:17.9 長野県北部 M6.7 6弱
32 2014年3月 06:50.8 伊予灘 M6.2 5強
33 2013年9月 25:08.3 福島県浜通り M5.9 5強
34 2013年8月 28:50.8 宮城県 M6.0 5強
35 2013年5月 47:59.7 福島県 M6.0 5強
36 2013年4月 57:34.3 三宅島近海 M6.2 5強
37 2013年4月 33:17.7 淡路島付近 M6.3 6弱
38 2013年2月 23:53.5 栃木県北部 M6.3 5強
39 2013年2月 17:35.8 十勝地方南部 M6.5 5強
40 2012年8月 05:12.2 宮城県 M5.6 5強
41 2012年5月 02:26.5 青森県東方沖 M6.1 5強
42 2012年3月 05:04.3 千葉県東方沖 M6.1 5強
43 2012年2月 01:37.9 佐渡付近 M5.7 5強
44 2011年11月 23:40.7 茨城県北部 M5.3 5強
45 2011年10月 33:27.5 熊本県熊本地方 M4.5 5強
46 2011年9月 05:05.6 福島県浜通り M5.4 5強
47 2011年9月 29:43.0 日高地方中部 M5.1 5強
48 2011年7月 53:50.6 福島県 M6.5 5強
49 2011年7月 34:23.8 宮城県 M6.4 5強
50 2011年7月 18:43.4 和歌山県北部 M5.5 5強
51 2011年6月 16:37.0 長野県中部 M5.4 5強
52 2011年6月 33:48.0 新潟県中越地方 M4.7 5強
53 2011年4月 19:31.6 茨城県南部 M5.9 5強
54 2011年4月 07:42.2 福島県中通り M6.4 6弱
55 2011年4月 16:12.0 福島県浜通り M7.0 6弱
56 2011年4月 32:43.4 宮城県 M7.2 6強
57 2011年4月 49:44.1 秋田県内陸北部 M5.0 5強
58 2011年3月 55:20.2 福島県浜通り M4.7 5強
59 2011年3月 34:56.0 福島県浜通り M5.5 5強
60 2011年3月 12:28.7 福島県浜通り M6.0 5強
61 2011年3月 56:48.0 茨城県北部 M6.1 5強
62 2011年3月 31:46.3 静岡県東部 M6.4 6強
63 2011年3月 42:19.8 長野県北部 M5.3 6弱
64 2011年3月 31:55.6 長野県北部 M5.9 6弱
65 2011年3月 59:15.6 長野県北部 M6.7 6強
66 2011年3月 40:54.5 福島県 M6.0 5強
67 2011年3月 28:59.8 岩手県 M6.6 5強
68 2011年3月 15:34.2 茨城県 M7.6 6強
69 2011年3月 46:18.1 三陸 M9.0 7
70 2009年8月 07:05.7 駿河湾 M6.5 6弱
71 2008年7月 26:19.6 岩手県沿岸北部 M6.8 6弱
72 2008年6月 43:45.3 岩手県内陸南部 M7.2 6強
73 2007年10月 21:14.6 神奈川県西部 M4.9 5強
74 2007年7月 37:40.4 新潟県中越 M5.8 6弱
75 2007年7月 13:22.5 新潟県中越 M6.8 6強
76 2007年4月 19:29.5 三重県中部 M5.4 5強
77 2007年3月 41:57.9 能登半島 M6.9 6強
78 2005年8月 29:30.1 新潟県中越地方 M5.0 5強
79 2005年8月 46:25.7 宮城県 M7.2 6弱
80 2005年7月 34:56.3 千葉県北西部 M6.0 5強
81 2005年4月 11:26.8 福岡県北西沖 M5.8 5強
82 2005年4月 22:15.6 千葉県北東部 M6.1 5強
83 2005年3月 53:40.3 福岡県北西沖 M7.0 6弱
84 2005年1月 09:06.6 釧路沖 M6.4 5強
85 2004年12月 56:10.5 留萌地方南部 M6.1 5強
86 2004年12月 15:11.8 釧路沖 M6.9 5強
87 2004年11月 32:14.5 釧路沖 M7.1 5強
88 2004年11月 15:58.5 新潟県中越地方 M5.9 5強
89 2004年11月 57:29.5 新潟県中越地方 M5.2 5強
90 2004年10月 40:50.2 新潟県中越地方 M6.1 6弱
91 2004年10月 04:57.5 新潟県中越地方 M5.8 5強
92 2004年10月 21:34.9 新潟県中越地方 M5.0 5強
93 2004年10月 45:57.1 新潟県中越地方 M5.7 6弱
94 2004年10月 57:26.2 新潟県中越地方 M5.3 5強
95 2004年10月 34:05.6 新潟県中越地方 M6.5 6強
96 2004年10月 11:56.7 新潟県中越地方 M6.0 6強
97 2004年10月 07:30.9 新潟県中越地方 M5.7 5強
98 2004年10月 03:12.6 新潟県中越地方 M6.3 5強
99 2004年10月 59:37.6 新潟県中越地方 M5.3 5強
100 2004年10月 56:00.3 新潟県中越地方 M6.8 7
101 2003年9月 08:01.8 十勝沖 M7.1 6弱
102 2003年9月 50:07.4 十勝沖 M8.0 6弱
103 2003年7月 56:44.5 宮城県中部 M5.5 6弱
104 2003年7月 13:31.5 宮城県中部 M6.4 6強
105 2003年7月 13:08.2 宮城県中部 M5.6 6弱
106 2003年5月 24:33.4 宮城県 M7.1 6弱
107 2001年12月 29:34.5 奄美大島近海 M6.0 5強
108 2001年4月 57:12.4 静岡県中部 M5.3 5強
109 2001年3月 40:53.4 安芸灘 M5.2 5強
110 2001年3月 27:54.5 安芸灘 M6.7 6弱
111 2000年10月 30:17.9 鳥取県西部 M7.3 6強
112 2000年10月 44:08.7 トカラ列島近海 M5.9 5強
113 2000年8月 49:12.6 新島・神津島近海 M5.1 6弱
114 2000年8月 52:22.6 新島・神津島近海 M6.1 6弱
115 2000年8月 18:11.0 新島・神津島近海 M5.4 5強
116 2000年8月 00:20.5 新島・神津島近海 M5.0 5強
117 2000年7月 48:57.1 三宅島近海 M5.9 5強
118 2000年7月 25:46.6 三宅島近海 M6.5 6弱
119 2000年7月 18:02.2 三宅島近海 M6.0 5強
120 2000年7月 49:53.3 新島・神津島近海 M5.8 5強
121 2000年7月 52:45.8 新島・神津島近海 M5.7 5強
122 2000年7月 32:21.5 新島・神津島近海 M5.1 5強
123 2000年7月 30:32.0 新島・神津島近海 M6.3 6弱
124 2000年7月 57:44.9 新島・神津島近海 M6.1 6弱
125 2000年7月 01:56.3 新島・神津島近海 M6.5 6弱
126 1998年9月 58:17.2 岩手県内陸北部 M6.2 6弱
127 1997年6月 50:12.7 山口県中部 M6.6 5強
128 1997年5月 38:27.5 鹿児島県薩摩地方 M6.4 6弱
129 1997年4月 33:23.3 鹿児島県薩摩地方 M5.7 5強
130 1997年3月 31:47.9 鹿児島県薩摩地方 M6.6 5強
131 1997年3月 51:39.1 愛知県東部 M5.9 5強
132 1995年1月 46:51.8 大阪湾 M7.3 7
133 1994年12月 19:20.9 三陸 M7.6 6
134 1994年10月 22:56.9 北海道東方沖 M8.2 6
135 1993年1月 06:07.2 釧路沖 M7.5 6
136 1982年3月 32:05.7 浦河沖 M7.1 6
137 1972年12月 16:10.3 八丈島東方沖 M7.2 6
138 1948年6月 13:28.8 福井県嶺北 M7.1 6
139 1944年12月 35:40.0 三重県南東沖 M7.9 6
140 1943年9月 36:53.5 鳥取県東部 M7.2 6
141 1941年7月 45:26.8 長野県北部 M6.1 6
142 1935年7月 24:48.3 静岡県中部 M6.4 6
143 1930年11月 02:46.9 静岡県伊豆地方 M7.3 6
144 1927年3月 27:39.2 京都府北部 M7.3 6
145 1925年5月 09:47.6 兵庫県北部 M6.8 6
146 1924年1月 50:14.8 神奈川県西部 M7.3 6
147 1923年9月 58:31.6 神奈川県西部 M7.9 6

 

空手バカ一代の三代目は本当のバカだった!

 

kininaru-saishin-news.com

 

特に極真空手のファンではありません。

ただ、中学のとき、大山倍達の本を数冊読んで変な印象を持っていました。

どれも自伝的な本でしたが、書いてあることがそれぞれ異なるのです。

「自伝なのになぜ?」と思っていました。

 

まあ、「空手バカなんだから、本は苦手なんだろう」ぐらいに思っていたのですが、今、思えばゴーストさんが書いていたのでしょう。

それにしても、三代目は本当にバカでした。

 

31年度技術士試験対策講座:試験内容の変更と申込書の作成

31年度の技術士試験を目指す皆さんへ

4月1日にから新しい申込書がダウンロードできるようになります。

口頭試験を突破して、技術士になるためには申込書の完成がとても重要です。

また、31年度の筆記試験は30年度までと試験内容がことなります。

3月28日発売の「技術士二次試験:合格者たちの勉強法」(学芸社)の著者匠習作が、試験内容の変更と、業務の詳細を含む試験申込書作成を直接アドバイスします。

日時:4月6日土曜日

10時00分~17時00分まで。

後日アドバイスもあり。

場所:池袋駅西口徒歩3分。

東京都豊島区池袋2-10-7 ビルディングK 7階

会場名:NATULUCK池袋北口 ROOM11 

goo.gl

 

受講料

Lock-On二次試験講座の受講者様

Aコースの方:7000円

Bコースの方15000円

受講者様以外の方20000円

お問合せは、フォームもしくは

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=67a37c962f526a7a

あるいは、

s.takumi296@gmail.com

 

なお、定員は10名です。定員で締め切ります。

主な内容

10時~12時:試験内容変更のポイント、解答時の注意点。

12時~13時:昼休み(昼食は各自ご用意下さい)

13時~17時:業務の詳細を含む、申込書を作成します。

パソコンの持ち込み可能です。

 

 

技術士二次試験:合格者達の勉強法

予定よりも2ヶ月近く遅れましたが、3月28日発売です。

表紙のデザインは検討中です。

 

 

はじめに
第1章 技術士二次試験の合格と不合格を分けるもの
1.試験内容の変更であまり悩まないこと

2.問われている能力はほとんど同じ

3.これまでの合格者たち

4.悩むよりも踏み出そう

5.勉強ではなく練習

6.絶対に落ちる書き方①

7.絶対に落ちる書き方②

8.絶対に落ちる書き方③

 

第2章 31年度の試験で何が変わるか
1.試験内容が時々変わるのは技術士試験の特徴

2.これまでの変更内容

3.現在の技術士試験制度から変わるもの、変わらないもの

4.平成31年度試験最大の変更点

5.技術士に求められる資質能力(コンビテンシ一)

6.評価項目を考える

7.なくなった択一問題の使い方

 

第3章 専門的学識と応用能力 *“専門知識・能力・経験の表現方法”?
1.Ⅱ-1はキーワード解説の延長

2.似たような解答にならない工夫と時間の消費

3.Ⅱ-1の解答例

4.Ⅱ-2の問題は条件が設定されている

5.Ⅱ-2の解答例


第4章 問題解決能力と課題遂行能力
1.公務員試験の論文問題を考える

2.解答の構成力

3.問われていることは何か

4.専門家の視点で解答する

5.Ⅲの解答例6.問題解決能力と課題遂行能力

 

第5章 口頭試験で問われる力
1.申込書の重要性

2.業務経歴と業務の詳細

3.技術者倫理一一技術士としての適性及び一般的知識

4.受験動機と過去3年間の代表的な 50の質問

5.代表的な質問に対する合格者の答え

6.総合技術監理部門に関する体系的専門知識

7.平均より少し高い知識と遙かに高い倫理観

 

第6章 頻出テーマの考え方:マスコミのデータに惑わされるな!
1.必須論文に備えよう

2.頻出テーマ① 省エネ

3.頻出テーマ② 再生可能エネルギー

4.頻出テーマ③ 生産年齢人口の減少

5.頻出テーマ④ 超高齢化社会

6.頻出テーマ⑤ 働き方改革

7.頻出テーマ⑥ 地震対策

8.頻出テーマ⑦それ以外の自然災害対策

9.頻出テーマ⑧ グローバル化

10.頻出テーマ⑨地方活性化・地方創生

11.頻出テーマ⑩循環型社会

12.頻出テーマ⑪環境問題


第7章 必須科目・練習問題集

 

合格してからが本当の勝負 (おわりに変えて)

 

 

技術士二次試験:合格者たちの勉強法

www.amazon.co.jp

 

原稿を渡したのは1月上旬でした。

まだ装丁が決まっておりません。

技術士を目指す皆さん、合格できる勉強方法を分りやすく書いたつもりです。

ぜひ、この本で試験を突破して下さい。

味が分りません!

急性突発性難聴のことは、以前書きました。

煩わしいですが、どうも治らないようです。

 

私は、いまのところ内臓系の病気や大きな怪我など経験がありません。

しかし、この難聴になるもっと前に、病気とは言えないような(一応、病名はあります)変な病気になっています。また、それも完治しない病気です。

みなさん、涙小管炎と言う病気をご存知ですか?

目尻の涙腺からでた涙は、目頭の涙小管から落ちて、排出されます。

行ってみれば、涙の下水管です。

ここが、炎症を起こすと赤目になったり、その他の病気になったりします。

私の場合、他の病気にはなっていないのですが、右目だけ涙小管が詰まっているようで、涙が排出されません。

そのため、右目だけ何時も涙が頬に落ちてきます。

特に冬は顕著にこの症状になります。

歩いていても、涙が頬を伝って落ちてくるので、見た人は「この人どうして泣いているの?」と思うかもしれません。

メガネをしているので、ハンカチで拭い取るのも不便です。

これは、もう10年位前からなので、やはり治らないのでしょう。

発症したとき、眼科に行きましたが、本当に治すには顔面の手術をして、人工的な管を入れるしかないと言われました。

そんなことをするくらいなら、泣いていた方がましです。

最初に目の病気、次が3年前の難聴。

そして、今回、味覚障害と診断されました。

味覚障害は、通常の味を感じることができなくなる病気です。唾液や咀嚼の不足、味細胞の受容体の異常、神経の異常、味覚中枢である味覚野の異常などによって起こります。

この病気の怖いところは、濃い味の食事ばかりするようになると、高血圧症や糖尿病を引き起こす可能性が高くなることです。

まったく、年を重ねると色々なところにガタが来て困ります。

 

皆さんも、お身体を大切に!