読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takumi296's diary

技術士・匠習作の考へるヒント

平成27年度の技術士試験は試験日が変わります

資格・試験

 先月、11月28日に行われた文部科学省の科学技術・学術審議会 技術士試験部会で、
平成27年度技術士試験の実施案が決まったようです。

 技術士第二次試験は、受験申込み受付期間が4月6日~4月27日、筆記試験は、総合技術監理部門(必須科目)7月19日(日)、総合技術監理部門以外(20部門)、総合技術監理部門(選択科目)7月20日(月・祝)の予定です。

 筆記試験合格発表は10月、口頭試験は平成27年11月~平成28年1月、最終合格発表は平成27年3月となっております。
技術士第一次試験は、受験申込み受付期間が6月16日~7月1日、試験日は10月12日(月・祝日)、試験合格発表が12月となっております。

 この何年かの間、二次試験は8月の第一土曜日に総監、第一日曜日に一般技術部門の試験が行われていました。それに比べると2週間も早くなっています。申込みも2週間早まっていますから、全体として2週間ズレた(早まった)ことになります。

 また、今年から二次試験の判定は択一試験の結果が合否判定基準に満たない場合、記述試験の答案は採点されません。機械が判定する択一試験と異なり記述試験の採点は人間が行わなければならず、手間とコストが掛かります。それを合理化することで試験にかかる費用を削減するつもりなのでしょう。

 来年の受験を目指す皆さんは、これまでより1ヶ月早く準備に掛かりましょう。具体的には2月です。技術士二次試験は試験内容を理解し対策を行うことで容易に突破できます。ぜひ、技術士資格を取得し一生涯エンジニアとして科学技術の向上に貢献して下さい。安全で安心できる社会を技術面からサポートしましょう。

 

技術士二次試験の対策なら 匠習作技術士事務所