takumi296's diary

技術士・匠習作の考へるヒント

シャーロキアンのシャーロックホームズ:第9弾『最後の事件』

ロンドンでは葬儀まで行われた「最後の事件」でのホームズの死 

 

シャーロック・ホームズ物語を(中略)みんな読みたいという人には、なるべく(中略)発行順に読むことをおすすめする」。(『シャーロック・ホームズの思い出』の解説、新潮文庫コナン・ドイル著、延原謙訳 P348より)

訳者がいうまでもなく、ある作家の各品を発行順、つまり時系列的に読むことは、作者の成長ぶりや作風の変化―「シャーロック・ホームズもの」の場合は、事件の背景変化―がわかって、作品への共感を得やすいです。

私が、「作者の成長ぶり」を評価するに値するかもわかりませんが、特に、同世代の作家の場合、「一緒に歩み、成長できる」感が好きです。

「ホームズもの」の場合は、同時代作家ではないので、ホームズの時代時代の空気感を味わいながら、また、その活躍の華々しさを感じながら、ホームズと歩みを一緒にしながら、作品を楽しんでいます。

この楽しみは、時系列的に読まずとも味わえますが、やはり、時系列的に読んだ方がいいです。例えれば、前者は「つまみ食い読み」。後者は「フルコース読み」というべきです。

 残念ながら、私は「つまみ食い読み」をしてしまいました。そして、今回紹介する「最後の事件」を、「ホームズもの」の最終編と思い込みの勘違いをして、読んでしまいました。(今回ではありません、小学生時代最初にこの作品を読んだ時です)

「ドイルはこの一冊かぎりでもうホームズ物語を書かないつもりだった」(同書 P347より)と、「最後の事件」は、当初はまさに「最後の事件」となる予定。つまり、「ホームズもの」の最終編でした。

しかし、最終編としては、物語の終わり方が、勧善懲悪の探偵ものとしては、釈然としません。

例えば、ホームズ最大の敵を倒して、ロンドン、いや、ヨーロッパの平静を取り戻して、ホームズは人知れずこの世から消えてしまう。このような終わり方が、ホームズという我らがヒーローの去り方だと思います。ネタばれとなるので、終わり方の詳細は、割愛させて頂きますが、読み方によっては、「ホームズの完敗」との解釈もできます。だからでしょう。「この短編がひとたび発表されると、世評はごうごう、もっと書けとう哀願や脅迫やら、(中略)作者のことを人でなしとののしる投書まで舞いこむ始末だった」。(同書 P347より)

 このような背景もあり、コナン・ドイルは、56の短編と4つの長編と計60の「ホームズもの」を残しています。なんと、「最後の事件」は、31番目の作品。最後どころか、「円熟期に起こった事件」なのです。非難ごうごうのおかげで、私たち読者は、60もの「ホームズもの」を楽しむことができるのです。釈然としない終わり方も、こうなれば、シメタものですね。

 さて、私のこの作品評は、多少辛口になってしまいましたが、実は大好きな作品なのです。それは、風光明媚なスイスを舞台にしているからです。「深夜プラス1」(ギャビン・ライアル著)、「聖獣配列」(松本清張著)と並び「最後の事件」は、私がお勧めする「三大スイスもの冒険ハードボイルド」の一つです。釈然としない終わり方故に、かえって、ホームズに感情移入し、自分もスイスを冒険した気分になれるから、お気に入りの一遍です。

ちなみに、コナンドイル自身は、推理小説かではなく歴史小説家になりたかったようで、ホームズの人気が出ることをよしとしていませんでした。

世界で最も有名な探偵を生み出した作家は、その有名な主人公を好きではなかったようです。

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQiW3KvZNPgNVtLbiHBpQoK80s-4Bv7tsljiDsTLyd-64ihkOIYYw

2回目のせみなーです。

 

kigyou110.com

 


・HPを立ち上げて半年、何やっも変化が見られない方へ
・あきれるほど インターネットに詳しくないけどHPで集客したいと思っているあなたへ
・3か月で HPから 集客できるんだという実感が欲しあなたへ

ホームページの制作・管理・運営を簡単にできる方法を3時間でお伝えします。

せっかくホームページを作ったのに、まったく問い合わせが来ないとお悩みの方。ITが苦手、ブログ書けない方でも
たった4ヶ月で
グーグル検索で1ページ目に表示されて
問合せを『自動化』できるホームページが
自分でつくれます。

日時:2018年5月9日水曜日:17時~20時(16時30分開場)

場所:アットビジネスセンター池袋別館(本館ではありませんので、ご注意下さい)

受講料は3,000円です。

定員は5名。

 

やっとの思いで経営革新が取れました。

f:id:takumi296:20180406072903j:plain

自力で取りました。

ですから、費用はゼロです。

独立・開業を目指す方はぜひどうぞ。

センスはともかく、下がロゴです。

f:id:takumi296:20180406074014j:plain

 

平成31年度技術士試験が見えて来た:その1

31年度の試験内容が見えてきました。

技術士会からは資料が公開されています。

www.engineer.or.jp

 

20部門96科目は20部門69科目に統合されます。

ただし、建設や電気電子はほぼ変化ありません。

数だけ書くと

機械10科目が⇒6科目

船舶海洋3科目が⇒1科目

航空宇宙3科目が⇒1科目

電気電子5科目が⇒5科目(名称のみ一部変更)

化学5科目が⇒4科目

繊維4科目が⇒2科目

金属5科目が⇒3科目

資源3科目が⇒2科目

建設11科目が⇒11科目(名称を含め変化無し、先約科目の内容は微妙に変化)

上下科目が⇒2科目

衛生工学5科目が⇒3科目

農業7科目が⇒5科目

森林4科目が⇒3科目

水産4科目が⇒3科目

経営工学4科目が⇒2科目

情報工学4科目が⇒4科目(名称のみ一部変更)

応用理学3科目が⇒3科目(名称を含め変化無し、先約科目の内容は微妙に変化)

生物3科目が⇒2科目

環境4科目が⇒4科目(名称を含め変化無し、先約科目の内容は微妙に変化)

原子力5科目が⇒3科目

 

合計で20部門は変化無し、科目のみ96科目が統合され69科目になりました。

もっとも大きく変化したのが機械部門です。

10科目が6科目ですから4科目減っています。

統合内容は下を見て下さい。

あるいは、技術会のサイトで確認してください。

 

すでに、一般部門をお持ちの方で、31年度の総監試験を受ける場合、科目に注意して下さい。

f:id:takumi296:20180403080624j:plain

f:id:takumi296:20180403080637j:plain

シャーロキアンのシャーロックホームズ:第8回『海軍条約文書事件』

シャーロック・ホームズもの」を読んで感じることの一つは、導入部の巧みさです。
読者を一気に物語にひき込みます。
『海軍条約文書事件』は、助手兼記録係であるワトソンの回想によって、始まります。  
「私の結婚直後の七月は、三つの興味ある事件があったので、私には思い出が多い」。 (『シャーロック・ホームズの思い出』の『海軍条約文書事件』新潮文庫コナン・ドイル著、延原謙訳 P261より)
所帯じみた文章で始まる『海軍条約文書事件』は、ワトソンの「ホームズ愛」を感じることができて、何とも微笑ましい気分になります。この文章の後に、ワトソンは、学生時代の友達で、保守党の大政治家ホルダースト卿を叔父に持つパーシイ・フェルプスの手紙を紹介することで、事件の幕を開けます。
「君の友人ホームズ氏を私のところへご同伴ねがいたいのです。(中略)私としてはこの事件に対する同氏のご意見をうかがってみたいです。(中略)この不安のなかにいる私は、一刻千秋の思いです」。(同書P263より)
 一刻千秋の思いで、ホームズの訪問を待っているフェルプスの手紙に、ワトソンは感動します。自慢の友人・ホームズは仕事好きなので、この仕事を引き受けることは、容易に想像できるし、そうなれば、ホームズの武勇伝の記録も重ねられて、ワトソンも嬉しい限りです。

「妻も一刻もはやく彼に事情を話したほうがよいと賛成してくれたので、私は朝の食事をすませて一時間とたたないうちに、早くもベーカー街のあのなつかしい部屋を訪れたのである」。(同書P264より)
 所帯じみて、「結婚しました」と世間に宣言しているものの、新婚の妻に関して言及している箇所は、冒頭の一文とこの文章のみです。「ベーカー街のあのなつかしい部屋」の主・ホームズを訪問する喜びの方が、新婚の喜びよりも勝っているようです。
「ワトソンは十七年間もホームズと仕事をし、一緒に暮らしていたというのだから、おそらく二人の間には、文章には記されてない何か微妙な心の通じ合いがあったに違いない」。(『シャーロキアンは眠れない』飛鳥新社小林司東山あかね著)

 この指摘のように、『海軍条約文書事件』の導入部を通じても、ワトソンの並々ならぬ「ホームズ愛」を感じることができます。青臭い表現ですが、「男の友情」に癒されながら、『海軍条約文書事件』の進展を楽しむことができます。
さて、フェルプスの手紙を読んだホームズは、電光石火の推理を働かせます。事件によって病気衰弱したフェルプスは、口述筆記にて、手紙を作成しています。
「女の筆跡だね。しかも珍しい性格の女だ。(中略)依頼人の身辺にはよかれ悪しかれ特殊の性格をもった人物がいるとわかれば、何かになるよ。なんだか面白くなってきた」。(同書P265より)
 阿吽(あうん)の呼吸です。ワトソンの期待通りにホームズは、事件に興味を示します。そして、筆跡を見ただけで、「依頼人の身辺にはよかれ悪しかれ特殊の性格をもった人物」に目をつけます。
ワトソン同様の「ホームズ愛」にかき立てられた読者を、一気に電光石火の推理の世界に引き込んでくれます。
 導入部の引き込みの強さは、「シャーロック・ホームズもの」に共通する魅力です。すなわち、それは、小説を読む醍醐味でもあります。

é¢é£ç»å

 

 

起業110番:ITツールを活用しよう!

1月28日に公開した「起業110番」

丁度2ヶ月が終了しました。

現在、固定ページは22ページ。ブログは35ページまで公開しています。

f:id:takumi296:20180329091945p:plain

来て下さっているかたは、皆さん結構読んでい頂いています。

お一人2.5ページ、2分30秒程度です。

ただ、リピータの方が少ないです。

 

また、現在小説の方も進めていますので、時間が足りず中途半端な対応になっているのも問題です。

私自身、キーワードが上手く絞り込めていません。

技術士試験講座

の方は、狙いが単純なので割とすぐに検索上位に来たのですがこちらはそうは行きません。

とにかく、100記事になるまではこのまま続けます。

 

 

 

トドが2,000頭集まったから何ですか?

昨日、テレビで何度も流れていたニュースです。


胡獱(トド)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)アシカ科トド属に分類される食肉類の海生哺乳類です。
もう少し説明すると、鰭脚類に含まれる海生哺乳類の3つの科の1つです。
3つの科は
・アシカ科
・アザラシ科
・セイウチ科

の3科です。
この中のアシカ科に、アシカ、オットセイ、トド、オタリアが含まれます。

話が混乱しますが、アシカ、オットセイ、トド、オタリアは仲間として近縁です。

アザラシやセイウチは少し遠い親戚です。

その中の「トド」が、北海道稚内市宗谷岬から約1キロ北西沖にある無人島・弁天島に大量のトドが上陸し、直径約70メートルの小島が多い時で約2000頭のトドに覆われた状態になっていと言う話です。

 

www.yomiuri.co.jp


トドがいっぱいと言った感じです。

テレビで何度もニュースに流れる大騒ぎ。
一体何ですか?
魚が食われて漁師が困っている?
それは当然です、体重1トンの獣です。
食べる量だって半端じゃないでしょう。

でも、たった2,000頭がそこにいるだけです。
周辺を数えたら6,000頭近いらしいですが、そのくらい何でもありません。

東京近郊に住む方なら渋谷のスクランブル交差点をご存知でしょう。

 

渋谷 スクランブル交差点 に対する画像結果

 

これ、日曜日でイベントがあるときだと、青になった瞬間に1,500~2,000人が横断します。1回にです。

そして次の青でも別の人たちが2,000人渡ります。

それが終日続くわけです。

トドが見たら驚くでしょう。

なにしろ、渋谷駅の2016年度におけるJR+私鉄各社合計の1日平均乗降人員は約328万人で、新宿駅に次ぐ世界第2位です。

トドが6,000頭なんて、1/1640です。
もし、渋谷の乗降人員が1日6,000人になったらトドが6,000頭よりニュースになるはずです。
「渋谷ゴーストタウン!一体何があった?」

テレビはアホなニュースばかりだから見る人がいなくなるのです。

 

 

 

シャーロキアンのシャーロックホームズ:第7弾『入院患者』

シャーロック・ホームズもの」の魅力の一つに、人物描写があります。しかも、風変わりな人物が多いことです。

例えば、赤毛連盟』における依頼人のジェイブズ・ウィルソン。そもそも、赤毛自体が人口比率的に少数派であり、差別的な意味合いがあったらしいのですが、そのような事情を逆手に取り、さえない質屋の主人として、ジェイブズ・ウィルソンを描写しています。

『緑柱石の宝冠』の依頼人である大銀行家のアレキサンダー・ホールダーもインパクトがあります。ホームズの事務所を訪問する際、慣れない雪道に「必死で走りながら、ときどきぴょんぴょんと飛び跳ねている(中略)しかも、走りながら両手をあげたりおろしたり、頭を振ったり、顔をめちゃくちゃにゆがめたり」(『シャーロック・ホームズの冒険』の『エメラルドの宝冠』角川文庫、コナン・ドイル著、石田文子訳 P370より)と、大銀行家らしかぬ奇妙な登場の仕方は、事件が始まる前の高揚感をかき立てます。

このような特徴的な人物に対する描写は、さらには、その人物の社会的地位や性格等を看破するホームズの視線で書かれていると考えると、「なる程、鋭い」と納得がいきます。

今回紹介する『入院患者』も、依頼人の登場の仕方に一工夫を加えています。

十月の雨の日に、そのうっとうしさを紛らわせるために、ホームズとワトソンは、散歩に出かけます。約三時間後の夜の十時過ぎにホームズの事務所があるベーカー街に戻ります。このような遅い時間に依頼者が現れます。一般常識的には、考えられない時間帯の訪問ですが、それが故に、事件の緊急性を想起させられ、読者の興味をかきたてます。

「『ふむ、医者だな。各科一般の開業医だ。まだ開業しても間もないのに、相当はやるらしい。何か事件がおきたと見える。いいところへ帰ってきたな』ホームズがいった」。(『シャーロック・ホームズの思い出』の『入院患者』新潮文庫コナン・ドイル著、延原謙訳 P206より)

そして、その医者の特徴を「青じろい細面に砂色のほおひげのある男」「年は三十を三つか四つ以上は出まいが、やつれた不健康さが、青春を奪い意気を失わせた」「ものごしは神経質で内気で、いかにも敏感な人らしく」「白くて細い手は、医者の手というよりは美術家のそれに近かった」「服は地味で、上品な黒のフロックに黒っぽいしまズボン、ネクタイはほんのちょっぴりと色のあるだけの淡白なもの」。(同書 P206より)と、かなり否定的なイメージで描かれています。面白いことに、その後、「朦朧性神経障害に関する論文をお書きになったトリヴェリヤン博士じゃありませんか?」(同書 P207より)と、一転変わって、持ち上げるように肯定的に描かれています。

これらの種々な描写により、読者は、奇妙な事件へ誘われます。

さえないけど、りっぱな経歴の持ち主である医者。スコットランドエディンバラ大学医学部を卒業し、ロンドンで開業するも、ぱっとせず、文筆業に軸足を置いて行ったコナン・ドイルの生き写しと、主人公のトリヴェリヤン博士を見立てるサイドストーリーを、私なりに妄想しました。そうすることによって、『入院患者』の人物描写も、本来のストーリー以上に興味深く読むことができます。

ãå¥é¢æ£èãã·ã£ã¼ã­ãã¯ãã¼ã ãºãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

~あなたもワードプレスでホームページが簡単に作れる~:第1回ITツール活用セミナーのお知らせ

ホームページの制作・管理・運営を簡単にできる方法を3時間でお伝えします。

日時4月14日土曜日
15時~18時:3時間ですが途中15分程度の休憩があります。

場所:ハロー貸会議室八重洲フィナンシャルビル5階
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-4-13 八重洲フィナンシャルビル

主旨:個人事業主・士業・スモールビジネスの方向け
ホームページの制作・管理・運営を簡単にできる方法を3時間でお伝えします。

せっかくホームページを作ったのに、まったく問い合わせが来ないと
お悩みの士業、コーチ、コンサル、セラピストなど個人起業家の方へ

(個人商店や製造業も対応しています)

ITが苦手、ブログ書けない方でも
たった4ヶ月で
グーグル検索で1ページ目に表示されて
問合せを『自動化』できるホームページが
自分でつくれます。

参加費用は5,000円

先ずはお問い合わせをどうぞ。

第1回には、驚きのプレゼントがあります。

シャーロキアンのシャーロックホームズ:第6弾『白銀号事件』

イギリスのカレー

競走馬「白銀号」の失踪と、その調教師のジョン・ストレーカー殺害事件を扱った『白銀号事件』のキー・アイテムの一つに、アヘン入りカレー料理が登場します。

今日の日本では、ラーメンと双璧をなす国民食です。

以外かもしれませんが、イギリスでもカレーは国民的な料理です。

日本の様にご飯にかけて食べるというのではありませんが、様々な形でカレー料理があります。

歴史的な観点で考えれば、インドの旧宗主国がイギリスだったので、カレーとイギリスの接点が見えてきます。

その歴史をひも解くと、「16~17世紀に、インドのカレーがヨーロッパの文化に初めて出会う。18世紀に、世界をリードする大英帝国にカレーが浸透。19世紀に、イギリスで発明されたカレーパウダーは、その後日本へ。」

https://housefoods.jp/data/curryhouse/know/world/index_w.html より)と、日本以上に、イギリスではカレーの歴史が古く、国民食として浸透しているようです。

f:id:takumi296:20180312035952j:plain

19世紀末のイギリス

そのカレーに、アヘンを入れたことで、厩舎の寝ずの番であるエディス・バクスターが、昏睡状態に陥り、「白銀号」が誘拐されます。

アヘンと言えば、イギリスと清の間で、1840年から2年にわたり繰り広げられた「阿片戦争」を思い出します。アヘンとは、いわゆる麻薬です。

「アヘンの粉末を売りわたしたのはどこの薬屋ですか?」。(『シャーロック・ホームズの思い出』の『白銀号事件新潮文庫コナン・ドイル著、延原謙訳 P22より)

グレゴリー警部の推理の矛盾点を指摘するシャーロック・ホームズのこのセリフより、『白銀号事件』出版の1892年当時、アヘンは薬屋で販売されていたようです。「阿片戦争」を経て、悪者扱いされていてもおかしくないはずですが、普通に流通していたのが不思議なくらいです。

本書を読んだとき、「アヘン入りカレー料理」とは、奇抜なキー・アイテムだなと思いましたが、当時のイギリスでは、ごく普通に流通しているものの組み合わせだと、少し調べるだけでわかりました。アヘンの匂いを消すためにカレー料理と、それを混ぜたのです。カレーを使った犯罪では、1998年に発生した「和歌山毒物カレー」を思い出します。林眞須美容疑者が、『白銀号事件』を読んでいたかも知れないと夢想すると、『白銀号事件』は、結構怖い話となります。

動物を使った推理小説

他のキー・アイテムと言うか、最重要アイテムは、「白銀号」そのものです。

「現代的なミステリーの最初の作品『モルグ街の殺人』(E=A=ポー)もそうですが、動物をあつかった作品は、ミステリーに多く見受けられます。『黒猫』(ポー)、『かたつむりの島』(パトリシア=ハイスミス)などの怪奇小説もありますし、『恐竜の尾事件』(E=D=ホック)、『レントン館事件』(A=モリスン)などのパズル小説もあります。」(『シャーロック・ホームズの思い出(上)』偕成社コナン・ドイル著、沢田洋二郎他訳 P301より)もちろん、コナン・ドイルの『まだらの紐』も外されない動物が絡んだミステリーです。

実は、「ドイルは、動物にはあまりくわしくないらしく、ときに、まちがいを書いています。(中略)発表当時、スポーツ新聞に競馬界について知らなさすぎると批難された、と、自伝『回想と冒険』のなかで、ドイルはのべています。」(同書 P3021より)とありますが、それを差し引いても、十分に楽しめる動物ミステリーであり、間違いを素直に認めるコナン・ドイルの誠実さが、さらに、『白銀号事件』を輝かせています。

有るべきはずのものがない

ホームズはこの事件の中で聞き込みをする際に「犬の鳴き声が聞えなかった」ことに注目しています。本来有るべきはずのものがない。要するに知らない人が入ってきたら吠えるはずの犬が吠えなかった。犯人は、見ず知らずの人ではなく犬が吠えない人物であると推理したのです。

f:id:takumi296:20180312040046j:plain