読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takumi296's diary

技術士・匠習作の考へるヒント

「餅」高齢者には命がけの食べ物

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。

いきなりですが、暗いニュースから。

東京消防庁は2日、元日に餅を食べてのどに詰まらせるなどして管内で14人が病院に運ばれ、うち2人が死亡、7人が意識不明などの重体になったと発表した。同庁は、餅は細かく切り、ゆっくりかんで食べるよう注意を促している。

同庁によると、1日に搬送されたのは28歳~89歳の男女14人。板橋区では午後1時10分ごろ、男性(81)が自宅で雑煮の餅を食べた際にのどに詰まらせ、搬送先の病院で死亡した。北区でも午後1時半ごろ、男性(60)が餅をのどに詰まらせて心肺停止状態になり、死亡したという。

 同庁は、のどに餅を詰まらせた場合は119番通報をするとともに、意識がある場合は胸か下あごを支えてうつむかせ、背中を強くたたいて吐き出させるなどの対応をとり、意識がない場合は心臓マッサージなどで回復させ、餅を吐き出させるよう呼びかけている。

 

www.asahi.com

新聞のリンクはすぐに切れるから、記事もコピーしてます。

「私は、親に命かけてまで餅なんて食べなくて良い」と言ってあります。

下のデータは東京消防庁のものですが、驚くほど多くの人が亡くなっています。

f:id:takumi296:20170103083752j:plain

これは全国のデータではありません。東京だけです。

また、このデータを見ると、餅もご飯も野菜や果物も、ましておかゆもそれほど危険性に変わりはないことが分かります。

ようするに咀嚼する力そのものが弱まっているのです。

今回は、60歳の男性も亡くなっています。

後、6年ですから他人事ではありません。

皆さんも、よく噛んで食べる癖を付けましょう。