読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takumi296's diary

技術士・匠習作の考へるヒント

突発性難聴になって人の話を聴くようになった

私は、昨年の6月突発性難聴になりました。

右の耳です。本当に突然でした、日曜日の朝、目が覚めたら右の耳がおかしくなっていたのです。

難聴:言い換えると「聴くことが難しい」訳ですが、右の耳は無音の世界にいるのではなく、騒音・雑音の世界にあります。

雑音が多すぎて、必要な音がかき消されるのです。

 

当初は、軽く考えていました、「四十肩みたいなもので、突然なったんだから、また、ある日突然治るだろう」と。

しかし、そうではありませんでした。

逆に視力と同じです。基本的に悪くなる一方です。

生まれてから、40年以上、メガネと無縁の生活でしたが50歳を過ぎた現在は眼鏡なしでは生活できません。遠くも、近くもハッキリ見えない、遠視、近視、乱視の3点セットです。

まさか、聴力もそうなるとは、思いませんでした。

鍼灸も試しました、周りの方も色々教えてくれます。

薬を送って下さった方までいらっしゃいます、本当にありがとうございます。

現在も治療中ですが、どうなるのか私にも分かりません。

 

ところで、視力が弱いと物を凝視します。よく見えないからよく見ようとする訳です。

実はこれ、聴力も同じです。

現在の私は、人と話をするとき少し左耳を前に(つまり左に傾けて)前のめりになります。相手が、私の右耳のことを知っているなら別ですが、知らない場合は私が非常に熱心に相手の話を聴いているように「見えます」。

また、私自身も、聴取りにくいと分かっていますから、「聴く」ことに集中します。流し聞きはしません。聞くのではなく積極的に聴きます。

そのため、難聴になってから、「話を良く聴いてくれる」と言われるようになりました。変な話です、しかし事実です。

 

一つだけ、とても困ることがあります、急に来るめまいです。

私は、なぜ耳とめまいが関係あるのか三半規管のことは調べましたがまだ理解できません。むしろ視力と関係する方が理解できます。

今後も、自分の身体を実験材料にして色々確かめて行きたいと思っています。

経過は、ここで書くと思います。もし、同じ病気の方がいらっしゃいましたら参考にして下さい。