読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takumi296's diary

技術士・匠習作の考へるヒント

技術士試験まで残り5週間

 本年度の受験者の皆さん、勉強は進んでいますか。もし、上手く行かなくて自信がなくても棄権しないで下さい。折角、14,000円も払ったのですから必ず受験しましょう。択一試験と異なり、論文試験では偶然合格することはあまりありません。しかし、初めて受ける人なら本番の試験を経験するだけでも次回の時に有効です。ですから、必ず受験しましょう。そして、時間いっぱいまで、シャープペンを放さないで解答用紙に文字を記入して下さい。

 

 私は、技術士資格を取得しようと決めて都内で開催された技術士受験講座を受講したことがあります。その時、講師の方はこんな風に話されました。
技術士を取得するのは大変ですよ、第一線で活躍されているエンジニアの皆さんが忙しい中、膨大な勉強時間を確保しなければなりません。でも、大丈夫です、人間3日や4日寝なくても死にませんから」~略~「私の知り合いで技術士になった人は、試験が終わって家に帰ったとき、玄関で倒れて意識を失ったそうです、まあ、ただ緊張の連続と過労から開放されて倒れただけだったんですけど」。

 あまりに、印象的な話で今でもハッキリ覚えています。

 日本人は、このタイプの精神論が好きです。「必死の覚悟」と言うだけで、「俺も覚悟を決めるぞ」と言う仲間が出て来ます。私も、精神論、根性論を全否定はしません。しかし、古典的な日本型精神論や根性論は100害あって、2~3しか利がありません、基本的には忘れて下さい。身体を壊す元になるだけです。そもそも、「必死の覚悟で勉強しろ」ですむなら、こんなブログは必要ありません、日刊工業新聞社から出ている試験対策本も技術士受験講座も必要ありません。受験講座で、講師がそんな話をするのは矛盾しています。まあ、受験者を奮い立たせるため、ある程度言葉の綾であることは認めますけど。

 ここまで来たら、身体の健康管理も重要です。夏風邪や、胃腸の調子にも気を使いましょう。とにかく自分のリズムを崩さないことです。勉強時間もラストスパートと張り切って急に増やす必要はありません。自分を信じて最後まで同じペースで行きましょう。