読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takumi296's diary

技術士・匠習作の考へるヒント

技術士口頭試験対策-準備編・7(総合技術監理)

総監(総合技術監理)の口頭試験は、来年1月からです、しかし、若しかするとごく少数の方は、年内に試験があるかもしれません。今まで、私が面接した方は皆さん1月でした。

総監の口頭試験では、何を訊かれても「5つの管理」から解答して下さい。「経済性管理」「人的資源管理」「情報管理」「安全管理」「社会環境管理」です。また、この5つの管理を個別に部分最適するのではなく、トレードオフを使って全体最適化を行って下さい。総合技術監理とは、それだけのものです。一見、各部門技術士の上にあるように見えるので難しく考えている方も多いのですが、そうではありません。

各部門の技術士は、専門知識を活かして自分の分野の業務を自分が見える範囲で行います。つまり、部分に特化して最適化します。しかし、それでは全体の予算が超過したり、働き過ぎて倒れてしまったり、突貫工事で周辺に迷惑を掛けてしまったりと問題が起きる恐れがあります。総監技術士は、全体を見ながら(俯瞰)部門技術者を管理します。もちろん、個別の技術を理解して全体最適化を行います。MOTなんて言う言葉もありますが、総監の管理技術もそれに近いと言えます。

ですから、何を質問されても品質や性能のことだけを解答してはいけません。必ず5つの分野に言及する必要はありませんが、2つか3つの分野に言及して答えて下さい。また、2つの分野に言及すればそこにトレードオフが発生します。そのバランスを考えて、どう処理したかを説明すればOKです。後は、解答が長くならないように注意して下さい。それで、合格できます。

後、3~4週間で全て終わります、疲れているとは思いますし正月休みはなくなります。ですから、今年1年で終わらせましょう。必ず、合格して下さい。筆記試験を乗り越えた苦労を忘れないで下さい。