読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takumi296's diary

技術士・匠習作の考へるヒント

欧州アリアン5の打ち上げは、失敗から始まった

1996年(平成8年)06月04日、フランス領ギアナにある欧州宇宙機関(ESA)の発射基地、からヨーロッパ最新の無人サテライト発信ロケットが打ち上げられた。しかし、打ち上げ後約40秒後に爆発した。これは慣性座標システムのソフトに仕様と設計のエラーが生じて、誘導および姿勢情報を完全に失ってしまったからである。

 

経過

これは、アリアン5に取っては最初の打ち上げであった。アリアン5は発射された、約30秒後に誘導および姿勢情報を完全に失い、経路をそれ約40秒後に高度約3700mの空中で方向を変え爆発した。破片か火の粉となって、降りてきたが、ほとんどがマングローブや海上に落ち、煙は風にふかれて海方向へ流れていった。

 

原因

このロケットは打ち上げから約30秒後に誘導姿勢情報を完全に失った。これは、慣性座標システムのソフトに仕様と設計のエラーが原因だった。このエラーは、ロケットの水平速度に関連する64ビット浮動小数点を16ビット符号付整数へ変換する際、数字が16ビット符号付整数として保存できる最大値の32,768を超えてしまい、変換が失敗に終わった。これは、歴史上もっとも損失の大きいバグの一つだと言って良い。

(関係ないことだが、丁度この96年頃、私は、C言語を懸命に勉強していた。オーバーフローはプログラマーが常に意識し気を付けなければならない問題だった。)

 

後日談

2年後の、1998年10月21日、欧州宇宙機関(ESA)は2回目の打ち上げを実行し、アリアン5の打ち上げに成功させダミー衛星が軌道に投入された。

 

//// ここまでは、失敗知識データベースから省略・加筆して転載した。

 

ギアナ宇宙センターは、フランス領ギアナのクールーにあるフランス国立宇宙センターのロケット発射基地。主に欧州宇宙機関やアリアンスペース社などが利用している。基地は赤道の北、約500km、北緯5度3分と低緯度にあり、人工衛星の打ち上げには適した位置にある。

1960年代初頭、フランスはアルジェリアのアマギールでロケットの発射試験を行っていたが、アルジェリアの独立に伴い、そこでの試験を中止した。そのため、1964年にクールーをロケット発射基地として選定した。基地は1968年から稼動し、最初の打ち上げは4月9日のことである。欧州宇宙機関は1975年の設立時より、ここを使用している。

ギアナと言えば「エンジェル・フォール(エンジェルの滝)」が有名だが、あれは同じギアナでもベネズエラ領ギアナ高原にある。以前、ナショナル・ジオ・グラフィックの番組がスカパーで放送されたので見たことがある。実に、見事だと思う。

さて、フランス領ギアナのクールーだが、ここは海に面している。まあ、ロケットは、欧州で製造され大西洋を船で渡ってくるのだから当たり前かもしれない。ギアナ高原まで運ぶのはいくらなんでも無理だし、無駄だろう。