読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takumi296's diary

技術士・匠習作の考へるヒント

親ばかによる、アエロフロート航空593便墜落事故

1994年(平成6年)3月22日にロシア、アエロフロートのエアバスA310-308がシベリアに墜落した航空事故である。事故の原因は、パイロットが自分の子供を操縦座席に座らせたことだった。

 

アエロフロート航空593便は、エアバスA310-308で、モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港から香港の啓徳空港に向かっていた。事故当時は夜間であったが気流に問題はなかった。しかし現地時間の1994年3月22日午前1時、遭難信号や、緊急事態を報告する通信も発することなく、シベリアのノヴォクズネツクから南東に300キロメートル離れたアルタイ地方の針葉樹林に墜落した。この事故で乗員12名、乗客63名のあわせて75名全員が死亡した。フライトレコーダーの記録から、巡航高度10,000メートルから失速し、回復不能なスピン状態に陥った後に、急激に降下して標高400メートルの山地に激突したことが分かった。

 

コックピットボイスレコーダーの記録から、事故直前にヤドスラーフ・クドリンスキー機長が自分の子供のヤーナとエルダーを機長席に座らせて自動操縦装置の操作をさせていたことが判明した。この事が、機長が認識していなかったエアバスの操縦システムによって事故を誘発した最大の要因であった。

15歳の息子に操縦桿での操縦をさせている間、エルダーの操縦で変更された針路をエアバスの自動操縦システムが修正していたが、このエルダーの行為が30秒にわたって自動操縦を否定することになった、だが故障を知らせるランプに気づいた副操縦士の腕が誤って操縦桿に当たったことでエアバスの仕様としてエルロンの自動操縦装置が解除されてしまい、やや右に傾きながら飛行することになった。この時傾いた姿勢は、自動操縦解除のランプが点灯するだけで警報音が鳴らなかったことと、夜間飛行であったことからしばらくは誰にも認識されておらず、また機長も操縦座席に座っていなかった上、コックピットに残っているヤーナに気を取られ注意力が欠如していた。

 

//// ここまでは、ウィキペディアから省略・加筆して転載した。

 

私は、パソコン使用前から事故や災害の記事を集めている。しかし、この事故は知らなかった。犠牲者は75名だから小さな事故ではない、もっとも全て残っているいわではないから遺漏があったのだと思う。

この事故は、乗員(操縦士)のモラル欠如が問題と言われている、確かにそれもある。しかし、墜落すれば子供も自分も死ぬことになる。おそらく、自動操縦装置の仕様を十分理解していなかったことが真の原因だろう。知らずに乗っていた他の乗客は、気の毒としか言いようがない。乗客は、突然の急降下の中で数十秒の恐怖を体験した後、山に激突して犠牲となった、冥福を祈る。