読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takumi296's diary

技術士・匠習作の考へるヒント

伊豆大島の大火

1965年(昭和40年)1月11日、伊豆大島(東京都大島町)で大規模な火災が発生した。島西部の集落・元町 (大島町)の中心部が壊滅し、同年の「10大ニュース」にも取り上げられた。記事により「大島大火」または「伊豆大島大火」と表記される場合もある。

1965年(昭和40年)、1月11日。その日の伊豆大島は強風が吹き荒れ、強風波浪注意報が発令されていた。午後9時頃には元町桟橋近くから小さな小火(ぼや)が出たが、消防隊の出動により無事に鎮火している。

ところが、それから2時間ほど経過した午後11時10分頃、元町桟橋近くの寿司店より出火。出火原因は、店の客が座布団の上に煙草の吸殻を落とし、従業員がそれに気が付かないまま座布団を押し入れに仕舞い込んだことによるらしい。23時15分、火災の発生を知らせる半鐘が集落に鳴り渡った。集落のもっとも風上側から発した火の手は、最大瞬間風速36.2m超の海風にあおられた。そのため、火は、風に乗って海から山方面に向かって吹き上げられ町全体が炎に包まれるようになった。火の粉が元町を真っ赤に覆い尽くす状況は、遠く30km離れた対岸伊豆半島の熱川や稲取から、また伊豆七島・利島からも明確に目視されたという。

炎は一晩に渡って元町 (大島町)集落を嘗め尽くし、1月12日午前6時45分にようやく鎮火した。元町市街地の約7割、大島町の3割が焼失する程の惨事であった。しかし、避難誘導が早く、また、効果的だったため大火が原因による死者は出ていない。

大島大火での全焼戸数は、584棟418戸。公共建物の全焼は、町役場、図書館、大島支庁、郵便局、法務局大島出張所、農協等。焼失面積16万5,000㎡。罹災世帯408世帯1,273人。被害総額20億7,000万円。

1月12日、東京都は大島町に災害救助法を適用した。同年3月までの全国からの見舞金総額1億2,880万円にのぼった。

参考までに「日本銀行の教育・学習情報」

昭和40年の1万円を、今のお金に換算するとどの位になりますか?

 

一方、消防庁の資料によれば、最近の5年間では、全国の火災発生件数は年間40,000~50,000件であり、そのうち5~6割が建物の火災、残りは車両、山林などの火災である。

火災による死者は、毎年2,000人に近い(越える時もある)。大まかに言って毎日5.5人が火事で亡くなっていることになる。また、火災の原因第1位は、「放火・または放火の疑い」、2位は「こんろ」、3位が「たばこ」であり、この3つの原因で全体の4割を占める(H18年~H22年までの5年間ほぼ同じ)。さらに、一般住宅の火災は、冬期に多い。今年は、北国を中心に寒さが厳しい冬になっている、火の元には、十分注意してお休み頂きたい。